無料ブログはココログ

« 乳房トラブル時、SOLANINの対処法♪ | トップページ | おっぱいの生産には赤ちゃんの吸啜の影響大です。 »

2009年11月20日 (金)

新生児訪問の保健師・助産師にお願いしたいこと。

これは職場の小児科のドクターとも度々話すことなのですが、★病院みたいに2週間健診のある病産院で産まれた赤ちゃんには、新生児家庭訪問の優先度は低いのではないか?ということです。

★病院などのBFHは、母乳育児のなんたるかについて、妊娠中から産後もずっと継続的なフォローをしていると自負しています。
例をあげますと

1.完母で赤ちゃんの体重増加が思わしくなければ、理由は何でどう対処するか?
2.混合栄養ならば何とかリラクテーションできないか?
3.完母で赤ちゃんの体重増加がご立派ならば、一緒に喜び、デブの心配はしなくていいことを伝えます。
4.満腹中枢の形成期までは飲んだ後は吐乳しにくく、カラダがラクなような姿勢で寝かせてあげたら大丈夫だということをお話しします。

しかし・・・困ったことが時々発生します。
その殆どすべてが、新生児家庭訪問が絡んでいるという現実です。

どういうことなのかと申しますと、例えば3.だったら、お母さんをコテンパンに叱りつけるのです。
「あなたはあやすということをしないのか?」
「おっぱいが張って痛いから飲ませるのはあなたのエゴ。」
「泣いたら飲ませる時期ではない。」
「吐くということは飲ませ過ぎ。」
「時間短く、授乳間隔を空けて飲ませなさい。」
「赤ちゃんが急に重くなったら抱っこが大変よ。」
・・・などなど。
私からしたら「なんですとぉ~?」と叫びたくなるような母乳育児ネガティヴキャンペーンまがいのことを仰るのです。
おっぱいだけでグングン成長する赤ちゃんが嫌いなのか許せないのか目の敵にされてしまいがちなんです。
それでも大抵のお母さんは「★病院で聞いたことの真逆だな。これはおかしいぞ。」ということで聞き流してくれます。
ですが、たまに「ええっ。」となってその方の言葉を真に受けて、しなくてもいい軌道修正をされる(=ブレる)お母さんがおられます。
するとどうなるのか?
退院から2週間健診及び新生児家庭訪問までは順調そのものだった赤ちゃんの体重増加度は、激減し、体重増加不良・要観察ということになってしまいます。
試合前のボクサーがカラダを絞って体重をセーブするようなことが、新生児に起こってしまうということです。
これって由々しき問題ですよね?
母乳育児に造詣の深い小児科のドクターならば問題ないのですが、そうでないと、母乳分泌不足と思いこまれて一方的に(つまり乳房チェックナシで)ミルクの補足を厳命されちゃいます。

へんてこりんな保健指導をされるのは、ホントに困るんです。
百歩譲っても、自分の保健指導が適正だったのか、数日後に再訪問され検証していただけるなら、良心的だと思います。
でも、そうではなく、言いっ放しなんです。
その方に責任があることは確かなのに、責任を全うされないのですね。
で、問題発生したらその尻拭いをSOLANINや小児科のドクターがしなくちゃならないんです。
どう考えてもおかしいとは思いませんか?
医療者向けの母乳育児の勉強会や交流会の後は比較的マシなんです。(=被害を受けるお母さん&赤ちゃんの発生は少ないです。)
でも2~3か月してほとぼりが冷めたら、また元の黙阿弥なんですね。
毎週の乳児健診で、被害を受けられた方がここのところ、2~3人ずつ発生しています。
ショックのあまり号泣されるお母さんもおられます。
SOLANINは困惑するとともに、スタッフ全員が母乳育児に関してあれだけ心血注いで支援してお話ししているのに「どうしてブレるのか?」と腹立だしくなる気持ちを抱いてしまいます。
ブレるのはお話の仕方が悪いから?
でも、それなら全員ブレる筈。
でも、ブレるのは2~3人。
ということは、お母さんのキャラのせいなのか?
だったら、もう少し、相手のキャラを踏まえた対応をしてもらえると助かるのですが。

新生児家庭訪問をされる保健師・助産師さんにお願いしたいのは、意識してお母さんを認めて褒めて労ってほしいということです。
出産された病産院で聞いたお話を逆洗脳するかの如く、全否定するのは止めてもらいたいのです。
それでもおやりになるなら、ご自分の指導に責任ある対応をしていただきたいのです。
やり逃げみたいなことは、しないでもらいたい。
良心があるのなら。

もちろん新生児家庭訪問をされる保健師・助産師さんの99・99%(≒殆どすべての方)はそんなことはしておられないことは承知しております。
医療機関と地域行政・保健部門との連携は全国どこでも重要課題ですし。

でも、あんまりな指導をされると、宣戦布告されてるのかと疑心暗鬼になってしまうんですよね。
まるでオセロでもやってる気分です。

コメント

1 ■あるかも・・・
いろいろな課題が頭に浮かびました。
記事を拝読して、う~ん、これってあるかも、と残念ながら思ってしまいました( ̄□ ̄;)。
保健師って、母乳指導の専門家ではないんですよね。保健師自身がそれを専門的に学んで力を入れていない限り。母乳の最新情報も職場に届きにくいかもしれません。
コーディネーターに保健師が徹するなら、クリニックや病院との気軽な連携体制を組み、ママのかかりつけがない場合の相談先を確保するとか、個人助産師の能力UPの整備とか、がお仕事だろうと思います。最後は、誰それさんに相談できる、という指名が有効だと経験的には思います。
助産師さんも、長らく現場を離れると、ご自身が若い時に受けた知識だけで指導する方もいましたから(その後処理で謝りに行ったことも・・・)、いずれにしても全体底上げの整備ですかね~(^-^)/
セクシャルヘルス・コンシェルジュ 2009-11-20 13:21:51

2 ■まさに!
うちの子は、3.で完母で立派に成長中です。
幸い…私の家に訪問してきた助産師さんは体重増えてるのは立派な事!と言って下さったんですが…知り合いが受けたところは体重の増え過ぎは駄目と言われたらしく…うちの子が太っている事に対して「太り過ぎは栄養指導だよ。何事もやり過ぎはいけない」って言われたから「助産師さんに、完母なら太り過ぎは無いって言われたよ」というと「完母だからって、それって太らせてるのを正当化させてるだけじゃない?完母ってそんなに偉いの?」と言われました(T_T)
さすがに落ち込みましたが…今日この記事を見て、やっぱり私は間違って無かったんだ!と改めて思いました。
私は、普段は前向きですが…やっぱり我が子の事になるとこれで良いのかな?って悩む事がありますよね(;_;)
これだけ情報が沢山ある世の中で、やっぱり保健師さんや助産師さんや医師の言葉って一番重要だと思うので…人によって意見が変わるのは困ってしまいますよね(T_T)
本当に、徹底していただきたいです(>人<)
そらの 2009-11-20 14:25:44

3 ■来週です
来週、保健師さんがいらっしゃいます~
どんな事をするのか…ドキドキです☆
吐乳と溢乳が多い子なのでそこは心配ですが病院からは体重も申し分無いほど増えているので問題ナシとお墨付きを頂いていますし、「?」と思う事は鵜呑みにしないでスルーしようと思います!
ただ、ゲップの上手な出し方を伝授してもらえたらなぁ~って思ってます♪
うちのこ、ゲップを出す前に寝ちゃって、寝ながらのイキミがひどくて吐いちゃうんです(;^_^A
とっち 2009-11-20 17:40:25

4 ■Re:あるかも・・・
>セクシャルヘルス・コンシェルジュさん
家庭訪問される方の年齢にもよりまして、比較的若い方ならば職場の上司に申し入れをすることができそうですが、保健師長さんよりも年長だったり、嘱託なんだけど、賃金が安くて後継者がいない場合は、そんな方でも慰留されちゃうようですね。
住民のサービスになっておると言えるのか?
せめて、自己流指導貫くならば、最後まで責任持ってくださったら、こちらは何も言いませんけどね。
でも、違いますからね。
SOLANIN 2009-11-20 19:52:37

5 ■Re:まさに!
>そらのさん
「完母ってそんなに偉いの?」というお友達の言葉は直に言われたらぐさっときますね。
「偉いとかではないけど、中身が違うから、肥満の心配はしなくてもいいんですね。」
気楽に考えたら良いというか。(量や間隔をセーブしなくてもいいので)
SOLANIN 2009-11-20 19:58:22

6 ■Re:来週です
>とっちさん
万一対応していて、おかしなことを言われたら、その時点で、頭からモビルスーツ着こんでください。
ダメージを最小限にするために。
SOLANIN 2009-11-20 20:00:25

7 ■またまた
白斑が出来てます
対処方法どうりにしましたがなくなりません。
白いのは、以前出したらミルクの結晶のようなものでした。
どうしたらいいのどしょうか?
みほ 2009-11-20 22:16:16

8 ■Re:またまた
>みほさん
ここのところ寒いからカラダが冷えているのかな?
乳口炎化すると、しつこいです。
完治までに時間がかかります。
痛みがきついならば、「ごぼう子(し)}を試されてはいかがでしょうか?
SOLANIN 2009-11-20 23:29:11

9 ■ありがとうございます!
ごぼう子は、ブログにのってますか??
これは、赤ちゃんに飲ませていれば、いつかは治るのでしょうか…
3ヶ月母乳だけできたのに、心配になります~
みほ 2009-11-20 23:33:21

10 ■授乳の回数ずっと気になっていました!
出産した産婦人科のベビーーオイルマッサージに参加したとき、助産師さんに、「周りの人におっぱい飲ませすぎじゃない?」って言われるんですがどうしたらいいですか?と質問しました。
すると、生後3カ月で泣いたらおっぱいあげるのはもう駄目。授乳は1日5回にしなさい。おっぱいあげる以外であやす方法を覚えていきなさい。生後3カ月で7キロは増えすぎだ、と言われました。
生後0カ月で、140㏄母乳を飲んでいてそれも注意されました。
ブログ読ませていただいて、このまま完母でやっていきたので、泣いたらおっぱい続けようと思います。
11~8回/日で、夜12時から朝8時までぐっすり寝る赤ちゃんで夜の授乳は2ヵ月目からしていませんが問題ないですよね??
JUJU 2009-11-21 15:24:45

11 ■Re:ありがとうございます!
>みほさん
局所だけでなく全身?のケアをすれば、乳口炎は治りますよ。
かなりしつこいですが。
頑張って治しましょうね。
SOLANIN 2009-11-21 19:38:22

12 ■Re:授乳の回数ずっと気になっていました!
>JUJUさん
今まで何事もなかったのは運が良かっただけですよ。
夜中そこまで間隔が空いたら乳腺炎リスク急上昇です。
月経の再来も早くなる確率高いし。
過去記事読んで対策を講じてくださいね。
SOLANIN 2009-11-21 19:41:08

« 乳房トラブル時、SOLANINの対処法♪ | トップページ | おっぱいの生産には赤ちゃんの吸啜の影響大です。 »

★SOLANINの引き出し」カテゴリの記事