無料ブログはココログ

« 豊胸術と母乳育児 | トップページ | 段々と乳房が張らなくなったけど大丈夫?(産後3ヶ月初産婦) »

2009年10月22日 (木)

おっぱいとお薬/その1+α『タミフル』

(注)タミフルについては、最強母乳外来・フェニックスにて「おっぱいとお薬その1『タミフル®』(改訂版)」が公開されています。
最新の内容は上記にてご確認ください。

以下、過去記事。

新型インフルエンザが大流行になりつつある今日この頃です。
お家の方や赤ちゃんのお母さん自身が新型インフルエンザに罹ったり、罹られたので『タミフル』の予防投与を受けられたりされてる方が相当数おられると思われます。

最新のラクテーションコンサルタント協会のコメントとしては「母乳育児中であっても『タミフル』を内服しつつ、授乳をしても差し支えない。」という見解を表明しておられるようです。
乳児には影響がないということなんでしょうか?
アメリカ国内ではデータがあるのでしょうが・・・日本での裏付けは未だのようですね。
「えっ、ホントに授乳中に内服出来るのか!」と、私も色々調べたのですが、生憎、目当てのものが探し出せませんでした。

私が“その1”の記事を未だ全面訂正しない理由は、『タミフル』というお薬の内服による各種の因果関係の調査結果が釈然としないからです。
副作用か?と指摘されていた内服した若年者の「高所からの飛び降り」を始めとする不穏症状について、クロではないとの調査結果が出されましたが、同時に全くシロとは言い切れないモヤモヤしたものが残ったことを忘れてはいけないと考えるからです。

百歩譲って、乳児への影響は無いとしても、例えば赤ちゃんのお母さんの中には若年者も含まれます。
そういう方が母乳育児中に内服されて、お母さん自身の安全性といいましょうか、果たしてホントに大丈夫と言いきって良いのでしょうか?
頭が硬くて申し訳ないのですが、SOLANINはそのあたりが納得しきれないのです。
もちろん、救命上、『タミフル』の内服しか手が無い場合もあるでしょうし、ドクターの指示もあるでしょうし、それに従うこともあるでしょうけどね。

もしも一時的にミルクに切り替えるのならば、必ず赤ちゃんに事情を説明してくださいね。
乳頭混乱や哺乳ストライキにならないように、真剣に語りかけてくださいね。
もしも内服しつつおっぱいをあげるとしたら、何に気を付ければいいのか、ドクターの見解を聞かせてもらうのも良いかもしれませんね。

コメント

1 ■無題
内服しながらおっぱいあげれるのが一番いいんですがね(;^_^A
アメリカではNOとされているのに、日本はOKはおかしいですよねぇ…
日本は先進国なのに、薬については遅れてるそうなので、ちゃんとしてほしいですよね!
あたしはインフルエンザになっても、タミフルは飲みません!
産院からもらった紙に、ママがインフルエンザになったら、直接授乳はやめて
搾乳したのを第三者が飲ませるって書いてあったけど、義母もだんなも仕事があるし
実際問題無理な話ですよね
まみ 2009-10-22 14:31:10

2 ■無題
インフルエンザ…怖いですよね。手洗い、うがい、人混みに行く場合マスクをし予防しながらも目に見えないもの。
SOLANINさんが頭固いとは誰も思いません。どれだけ真剣に赤ちゃんや母乳、お母さんの事を思って頂いてるか…。
先日、風邪で熱を私が出してしまい主人が息子の世話をしてくれた時「お母さんお熱があるの。お薬飲んで早く治すね。お父さんと遊んでてね」と何度も話しました。思ってた以上にぐずらず過ごしてくれました。語りかけは大事なんですね。仕事を休んでくれた主人にも感謝です。
yuki 2009-10-22 18:29:08

3 ■Re:無題
>まみさん
マスクの装着を赤ちゃんのお世話の時だけN95マスクにするのはいかがでしょう?
SOLANIN 2009-10-23 00:20:35

4 ■Re:無題
>yukiさん
オトナになってからの熱発はメッチャ辛いですね。
しっかり語りかけをされてて素晴らしいです。
旦那さんも良い方ですね。
こういう時、「この人と結婚して良かったかどうか?」がモロに体感できます。
SOLANIN 2009-10-23 00:24:15

« 豊胸術と母乳育児 | トップページ | 段々と乳房が張らなくなったけど大丈夫?(産後3ヶ月初産婦) »

★おっぱいとお薬」カテゴリの記事