無料ブログはココログ

« 集団健診事件簿ファイル1 | トップページ | 乳房基底部が硬いか柔らかいかで、おっぱいの出方は変わる! »

2009年7月 2日 (木)

今度こそ母乳育児★成功のための道筋1

(注)最強母乳外来・フェニックスにて「今度こそ母乳育児★成功のための道筋1(改訂版) 」公開中です。
最新の内容は上記でご確認ください。


以下、過去記事。


ルームの右上の欄、お読みいただけていますか。
アレは私の決意表明のようなものです。
母乳育児を希望するお母さんは全妊婦の95%を越えるのに、退院時の母乳率は60%程度、1ヶ月健診の母乳率は45%前後を推移しています。
4ヶ月健診では、およそ35%前後だそうです。

母乳育児って、ごく一部のお母さんしか出来ないような難しいものなのでしょうか。
それは何かの修行のように、苦しいだけのものなのでしょうか。
一人の女性として、自由を剥奪されるものなのでしょうか。

私は違うと思います。
殆どのお母さんが出来るものだと思います。
出来ない理由はお母さん本人がどうのこうのではなく、医療者の側にまだまだ至らないトコロがあるのではないかと考えます。(全ての産科施設がBFH《赤ちゃんにやさしい病院》になれたなら、別かもしれませんが・・・)

母乳育児って時には大変かもしれないけれど、やり甲斐があるし、やりぬくだけの楽しさや醍醐味のあることです。
1人目の時、おっぱいが上手くいかなかったお母さんは、随分とおられるかと思います。
辛い思い出だったかもしれません。
でも、封印を解いて思い出してください。
上手くいかなかった理由はなんでしょうか。
まず、それを把握しなくては先に進めません。
ある意味、こういうお母さんは初産婦さんよりも、慎重で綿密な準備が必要です。
今度こそ上手くいきたいという願いが実現するように、微力ながらお手伝いをします。

 

 

1 ■がんばっていますヾ(@^(∞)^@)ノ
以前、帝王切開後の母乳育児について質問したhamimyuです。
先々月22日に男の子を出産しました。
病院では入院中は多くの看護士さんに「なぜ母乳の後にミルクを足さないの?」と不思議そうに聞かれ(時には「足さないと!」としかられ)、先日の一ヶ月検診では担当のお医者さんに「ではこのまま母乳”中心”で頑張っていきましょう」と言われ、多分その産院では、母乳だけで育てるということが普通ではないのかな?という印象をうけました。
私自身も7年ぶりの出産でそれだけ年もとっているので、「ちゃんと母乳育児できるのだろうか・・・」と産む前はとても不安だったのですが、SOLANINさんのブログを参考に母乳育児、頑張れてますヾ(@^(∞)^@)ノ
頼りにしています!
hamimyu 2009-07-02 09:22:07

2 ■その通りです
はじめまして 私は病院から混合を続け、3ヶ月過ぎてから完母をめざしました。こどもがほ乳瓶を急に嫌がったからでしたが、ミルクをのまない=娘の命と思い必死の思いでした。私にはO谷式のマッサージやこのブログがあって助けられてますが、一人で悩むかたに対して親戚や義母たちのミルク信者の助言は、辛くて母乳をあきらめるように仕向けられます。このブログが悩める方に広がることを期待してます。
本のむし 2009-07-02 10:15:07

3 ■こんにちは
私も医療者側の理解不足、知識不足、共通理解がないことで母乳育児の大切なスタートを切る産院や病院で間違った支援がされている事を痛感している一人です。私はその医療者側の立場なんですが、今本当に母乳育児が大切なんだよって言うところでスタッフに理解と知識の共有を目標に取り組んでいますが、なかなか難しいもので自分を応援してくれる人も少なく落ち込む毎日です。でも諦めたくないので母乳育児の楽しさや母乳の大切さ、ぬくもりをお母さんと赤ちゃんとその家族に伝えていきたいです。
mipo 2009-07-02 10:52:16

4 ■赤ちゃんとママのために
何も考えず家から近いというだけで選んだ産院が、たまたま母乳育児に力を入れているところだったおかげで、母乳のみでここまで来れました。
違う産院にお世話になっていたら、何も知らずに当たり前にミルクの補足をしていたかもしれません。それどころか自分で勝手に母乳不足と決めつけて、おっぱいを辞めていたかも知れません。
今はママさん自身が出産前からアレコレせっせと勉強して...とか、出産後もせっせと育児本を読んで...なんて時代なのかも知れませんが、ただでさえ大変な時期(しかも一生に一度の大切な期間)なので、お医者さまの方で頭を使う部分(?)はしっかりフォローしてもらって、少しでも笑顔で過ごせる時間が増えたらなあと思います。余計なストレスや不安感を感じず育児出来る世の中になりますように。
ちゃるぼ 2009-07-02 17:32:58   

5 ■Re:がんばっていますヾ(@^(∞)^@)ノ
>hamimyuさん
多分、その産院ではミルク屋さんと、抜き差しならない、『ずぶずぶ』の関係なんでしょうね。
何も勉強しておられないお母さんですと、「おっぱいの後に毎回ミルクを補足するのが母乳育児」だと信じていらっしゃる方すらおられます。
どうしておられるかなと、気になっていましたが、無事母乳育児が軌道に乗っているようで、おめでとうございます。
SOLANIN 2009-07-02 20:09:05

6 ■Re:その通りです
>本のむしさん
今のおばあちゃん世代はミルク育児全盛期ですから、「何故おっぱいで頑張ろうとするのか、理解不能。」とか「ミルクだって、赤ちゃんは育つわよ。」とか、ミルク会社のサポーターか!というような発言をとうとうとされて困ったものです。
アタマおかしくなりそうな時は、このブログ覗いて、毒消ししてくださいね。
SOLANIN 2009-07-02 20:13:01   

7 ■Re:こんにちは
>mipoさん
毎年8月の第一土日(今年は1日と2日)母乳育児シンポジウムが開催されます。
母乳育児を支援する医療者なら、一度は参加されたら、すごく勉強になると思いますので、お勧めします。
今年は会場が北海道(札幌)なので、大半の方は旅費が大変ですが、参加すれば、知識と、エネルギーが得られますよ。
私は今年も参加します!
SOLANIN 2009-07-02 20:19:40

8 ■Re:赤ちゃんとママのために
>ちゃるぼさん
ミルク育児を推進するのは、ぶっちゃけ、儲かるからです。
哺乳瓶や消毒グッズ、シリコン乳首などの買い足し買い替えで、ランニングコストはバカになりませんからね。
消費拡大を狙っているのかと、疑心暗鬼になりそうです。
母乳育児に総論賛成・各論反対な人は、その尻馬に乗っているということです。
会社が大規模になれば、法人税が増えるしね。
反対に母乳育児しても、儲かる会社ってあんまりないですよね。
病産院にしても、診療報酬が加算されるわけぢゃなし。
医学部や看護学部のカリキュラムも変えなきゃなりませんね。
大変です。
でも、私は頑張りますよ!
SOLANIN 2009-07-02 20:38:46   

9 ■授乳間隔
いつも拝見してます。
思うように母乳が出ず、へこんだ時期もあり、1日1回のミルク追加でしたが、2カ月で完全母乳になりました♪
授乳回数は、夜は2回起こされ日中は相変わらず、1日12回以上です。
月齢が進むにつれて、授乳間隔は3時間になると育児書に書かれていますが、1時間も持たないこともあります。
これが、我が子のペースということで心配しなくていいのでしょうか?
おっぱいが出ていないのかとも不安になります。
ちなみに1カ月検診で3770gあった体重は、2カ月検診で5040gに増えました。
ミルクは、1日1回40mlを風呂後に飲ませていました。
教えてください。よろしくお願いします。
ようこ 2009-07-03 20:13:09 

13 ■こんにちわ!
いつもいつも拝見させていただいています!
今度こそ母乳で!との強い思いで、三人目を完母o(^▽^)oの、おっぱい星人に育て上げました(笑)1歳4ヶ月になる今も飲んでくれています!

本当に、このブログを読んで何度も助けられました!
この度、四人目を授かりました!まだ6~7週目なので不安ではありますが、ソラニンさんに伝えたくで、コメント欄に書かせていただきました!
もちろん、完母で!という意気込みなので、初心にかえり、読み直します!!
今度こそ!今度も!母乳で!ですね!
お忙しいと思いますので、お返事はスルーして下さい!
さおり工場長。 2011-01-18 12:27:12   

14 ■いやいや・・・
>さおり工場長。さん
ご懐妊おめでとうございます。
さおり工場長さんのお近くは雪は積もってませんか?
どうぞお大事になさってね。
SOLANIN 2011-01-19 00:22:15

« 集団健診事件簿ファイル1 | トップページ | 乳房基底部が硬いか柔らかいかで、おっぱいの出方は変わる! »

★今度こそ母乳育児」カテゴリの記事